はじめに

製品ラインナップ

その他のセキュリティー

アクセサリー

車種タイプ別で選ぶ

お問合せ

お住まいの地域のグループ店までお気軽にどうぞ。

お問合せフォーム

機種選びのヒント

純正イモビライザーが危ない!

セキュリティーと聞いて「純正のイモビライザーが付いているから大丈夫」と思っていませんか?イモビカッターで簡単に盗まれています。純正のセキュリティーは大がかりな窃盗団が組織的に無効化するノウハウを持っていることが多いのです。

そこで必要とされるのが個別に取り付ける「後付けセキュリティー」です。
純正のセキュリティーとの兼ね合いを考えつつ、配線等に工夫を凝らして窃盗団に破られない最強のシステムを構築するのです。

しかし、そうなると「どれがいいかわからない」という方は多いと思います。
そんな方のためにこのページを作りました。 私たちプロから見てどんなときにどんなセキュリティーがお薦めかを簡単に書きました。

お薦めは基本的なユニット構成となっておりますので、お好みや目的にあわせてオプションセンサーやスキャナーなどを自由に組み合わせることができます。 詳しくはお問い合わせください。

イモビカッターガードの愛車の危険度3秒自己診断はこちら!

とにかく、絶対に車を盗まれないようにしたい。車上荒らし対策も十分行いたい

  1. ※ポイント

    最低ラインとしてデュアルポイントイモビライザーとコードホッピングリモコンは必項です。

    お薦め その1

    パンテーラ Z703

    お薦め その2

    クリフォード インテリガード770J+スマートセルフサイレン

盗難対策もそこそこ行いたいが、車上荒らし対策をメインに考える

  1. ※ポイント
  2. 侵入に対する警告をできるだけ早く行えるようにセンサー構成を考えます。イモビライザーは1ポイントで、十分でしょう

    お薦め その1

    セプター9001+バックアップサイレン

    お薦め その2

    ゴルゴ01+バックアップサイレン

    お薦め その3

    新発想ハンドルロック WRAP(ラップ) (これはあくまで簡易的なセキュリティーです)

何か起こったときに通報してくれるセキュリティーが欲しい

  1. ※ポイント

    通報には2種類有り、指定電話番号先に電話で通報するタイプと、液晶画面付きリモコンに通報してくるものがあります。

    お薦め その1

    <パンテーラシリーズラインナップ> 通信距離:最大2km(見通し)

    パンテーラシリーズには全機種標準で双方向通信リモコンが付属しています。見通し2Kmの双方向通信リモコンで車の異常を日本語で表示してくれます(バイブ機能付)。

    お薦め その2

    <アルゴス> 通信距離:最大2Km(見通し)

    カーセキュリティーシステムに求められる基本性能としてショックセンサ・ボンネットセンサはもちろん、 すべてにバックアップサイレンを装備しました。ELディスプレイのアンサーバックリモコンはセンサ精度、設定の自由度、通信性能、リモコンの操作性などに抜群の性能を誇ります。
    通信距離は見通し最大2Kmです。

リモートスターター機能を持っていて、盗難や車上荒らし対策も行いたい

  1. ※ポイント

    セキュリティーでリモートスターターをコントロールするため、リモートスターター起動中に侵入を検知するとエンジンが停止して、(その後直結や合い鍵などでもかからなくなります)警報が出るため安心で、セキュリティーのリモコン1つでセキュリティー・ドアロック・スターターがコントロールできるためスマートです。

    お薦め その1

    <パンテーラZ303+エンジンスターター>
    (駐車場まで、距離がありセキュリティーもハイレベルを狙いたい方向け)

    3ゾーンショックセンサー+3ゾーンマイクロ波センサー+IR(赤外線)センサー搭載のパンテーラシリーズの中堅機種です。パンテーラはこれらのセンサーはすべてリモコンで感度調整が可能なうえ、アルゴリズムプログラミング機能により、高感度でありながら誤作動を極限までなくすことが可能です。 オプションのエンジンスターターは車内温度や車両バッテリー電圧の確認することもできたいへん便利です。

    お薦め その2 

    <パンテーラPSX5ES/V>
    ショックセンサー搭載のベーシックモデルでエンジンスタート機能も標準装備しています。
    お求め安い価格で安心と便利を実現しています。

10円パンチなど、傷つけに対しての十分な対策をおこないたい

  1. ※ポイント

    車への異常な接近や、車のボディーパネルへの微振動などを検知して警告・警報を鳴らします。

    お薦め その1

    <マイクロ波センサーの追加>
    車への接近を検出するセンサーです。 車外の窓のそばに接近を検知すると警告音を発し、車内での動きを検知するとサイレンが鳴るようになります。大雨や、トラックの接近などにも感度によっては反応する可能性が十分考えられるので、状況によってオフにできるようにスイッチの追加もお薦めです。

    お薦め その2

    <ピンポイントセンサーの追加>
    ドアなど、ボディーパネルへの微振動を検出するセンサーです。感度調整式で1つのユニットに2個センサーヘッドが付いています。1セットで2カ所(例:運転席ドア、助手席ドアなど)の警戒が可能。かなりの微振動を検知しますのでスーパーの狭い駐車場に停めるときなど、誤動作が心配されるようなときにはセンサーを単体でオフにできるようにスイッチの追加もお薦めします。

とにかく最高のセキュリティーが欲しい

  1. ※ポイント

    どこをとっても最高!のモデル構成を提案します。

    お薦め その1

    <パンテーラ Z703 >

    最高のセキュリティーは高機能ながらも操作は容易でわかりやすい。Z703は2ポイントイモビライザー、4サイレン、5センサーと日本語表示の双方向通信リモコン標準装備で他のセキュリティーの追随を許しません。

    お薦め その2

    <クリフォード アバンガード5.1J>

    クリフォードの最上位機種でガッチリガード。傾斜、超音波、衝撃の3つのセンサーで愛車を守ります。バックアップサイレンも標準で装備されています。


    お問い合わせはプロテクタグループ各店へどうぞ

モバイル版に切り替え

PC版に切り替え