はじめに

製品ラインナップ

その他のセキュリティー

アクセサリー

車種タイプ別で選ぶ

お問合せ

お住まいの地域のグループ店までお気軽にどうぞ。

お問合せフォーム

Pantheraシリーズ

日本生まれの本格的ハイエンドセキュリティ

パンテーラシリーズ topSX シリーズ

Z:705Z:305Z:105Z:703Z:303Z:103OPTION

主要機能一覧
■セキュリティ機能・性能
Z705 Z305 Z105
通報・通知機能    

警戒中の異常発生をリモコンにお知らせします。ARM(警戒ON)、DISARM(警戒OFF)をリモコンにアンサーバックします。
4つの警戒モード ※1
駐車環境などを考慮して、4つの警戒モード(ARM1~4)から警戒できます。
接近検知 ※2
車両への接近を検知します。
OP
衝撃検知
強い衝撃、弱い衝撃をそれぞれ検知します。
ドア開放検知
ドアの不正な開放を警戒します。
ボンネット開放検知
ボンネットの不正な開放を警戒します。
トランク開放検知
トランクの不正な開放を警戒します。
エンジン始動検知
エンジンの始動(イグニッションON)を警戒します。
車内侵入検知 ※3
車内への侵入を検知します。
OP
ループセンサ検知

オーディオ、ナビなど車載品の盗難を警戒できます。



OP
傾斜検知 ※4
車両の傾き(0.5度以上)を検知します。

OP
OP
オリジナルセンサ検知
販売取付店オリジナルのセンサで警戒できます。
2ポイントイモビライザ
警戒中車両のエンジン始動を制限し、車両盗難を防止します。
オートイモビライザ機能
純正キーレスやスマートキーなどを使ってパンテーラを警戒したり解除することが可能となります。パンテーラならキーフリーに対応が可能です。
乗り逃げ防止機能

車両の状態変化に応じて、警告→警報→イモビライザー機能が働き、不正な乗り逃げを防止します。

オートアーム・リアーム機能 ※5
降車時(オートアーム)とDISARM操作後(オートリアーム)の車両状態変化を判断し、必要に応じて自動的にARM状態にします。
パニック警報機能
任意に車両の警報を鳴らすことが出来ます。

警告/警報履歴確認

DISARM操作後、警報動作の発生をアンサーバックリモコンにお知らせします。また、リモコンで警告/警報履歴を確認できます。
発報履歴
警戒中に警報があるとDISARM時にサイレン音でお知らせします。
着信履歴
リモコンの異常通報を聞き逃しても、リモコン操作があるまでは4秒おきに異常の表示とブザー音でお知らせします。
アラームリミッタ(出力制限)機能
同一の異常検知が設定時間内に「発生した場合は、警告・警報音を鳴らさないようにすることが出来ます。
メモリ機能
警戒中に車両のバッテリーを外されても、再度バッテリーを接続した際には警戒を再開できます。また、警戒中にアンテナユニットを交換されても交換したユニットでは動作しません。
センサ感度設定
アンサーバックリモコンからワイドエリアマイクロ波センサ、トリプルセンサ、ショックセンサ、IRセンサ、傾斜センサの感度を32段階から設定できます。
機能設定 ※6
アンサーバックリモコンから機能動作のON/OFFの選択や設定、動作時間、センサ条件・感度など、詳細な設定ができます。
警報音量
最大113dB/mの大音量で警報します。
確認機能
アンサーバックリモコンで車両の状態(ARM状態/履歴/ドア、トランク、ボンネットの開閉状態/スタータ状態/バッテリー電圧)を確認できます。
電圧低下通知
ARM/DISARM操作を行ったときに、車両のカーバッテリーの電圧が低下している場合、アンサーバックリモコンへお知らせします。
■出力ポート
ドアロック/アンロック連動
ARM/DISARMの操作でドアのロック/アンロックを連動できます。
ハザード出力
ハザードランプに接続します。
警戒出力(1系統)
スキャナなどのオプションを接続することができます。
警報出力(1系統)
リレーを経由して車両ホーンに接続(警報用)します。警報時に車両のクラクションを鳴らすことができます。
オプション出力1~3(3系統) ※7
ARM/DISARMに連動して、車両のサイドミラー格納やリモコン操作でスライドドアの操作が可能です。
オプション出力4 ※8
ARM/DISARMに連動して、オプション4として接続した機器の動作/停止ができます。
トランクオ-プン出力
リモコン操作で電磁トランクの開錠ができます。
■便利機能
ドアロック/アンロック連動 ※9
ARM、DISARM操作で、ドアのロック/アンロックを連動できます。
ハザードフラッシュ機能
ARM・DISARM・リモートスタート・警告・警報時に車両のハザードランプを点滅できます。
緊急解除機能
万が一、リモコンの電池切れや故障の時など、リモコンを使わずに警戒を解除することができます。
バレーモード
ARM操作やオートイモビ機能を禁止できます。
半ドア通知機能
ARM時に半ドアを検知した場合、アンサーバックリモコンに通知します。
半ドア警告機能
エンジンOFF後、トリプルセンサがドア開→ドア閉を検知したにもかかわらず、ドアが開いている場合にサイレンを鳴らしてお知らせします。
OP
OP
オートロック機能 ※10
エンジンキーON(イグニッションON)でドアをロックし、安全な運行をサポートします。
オートアンロック機能 ※11
エンジンキーOFFでドアをアンロックし、降車時のドアノブ操作を省略できます。
スリープ機能
車両のバッテリー上がりを防止できます。
ハザードアンサーバック・威嚇機能
ARM・DISARM・警告・警報・エンジンスターターの始動確認時に車両のハザードランプを点滅できます。
カメラ録画機能
警告時、警報時にドライブレコーダーを設置した時間で起動(録画)ができます。リモコン操作でも録画できます。
OP
OP
OP
駐車位置確認
リモコン操作で車両のハザードランプの点滅(5回)とチャープ音を鳴らして、駐車位置をお知らせします。
クイックリカバリー機能(設定初期化)
お客様がセンサ感度や一部の機能変更を誤ってしまった場合でも、簡単にインストーラの設定値に戻すこと(設定初期化)ができます。
■リモートスタート機能 ※スタータユニット及びスタータハーネスが別途必要です。
リモートスタート/ストップ ※12
リモコンでエンジンの始動や停止ができます。
OP
OP
OP
ターボタイマー機能
走行時間に応じて、自動的にアフターアイドリングを行いターボチャージを徐々に冷却します。
OP
OP
OP
オートスタート機能
車両のバッテリー電圧を監視して、一定の時間、設定電圧以下になると自動的にエンジンを始動してバッテリーに充電を行います。
OP
OP
OP
アイドリング継続機能
アイドリング中にエンジンキーを抜いても、アイドリングを継続(最大20分間)させ、ARM4で警戒を開始します。自動販売機への立ち寄りなど、ちょっと車を離れるときに、アイドリングを継続したままエンジンキーを抜くことができます。
OP
OP
OP
■盗難発生警報装置技術基準・イモビライザ技術基準適合品
VAS003-020
IMB003-021
VAS003-020
IMB003-021
VAS003-020
IMB003-021
■消費電流 待機中
13.4mA
11.8mA
11.0mA
■消費電流 警戒中
17.5mA
14.3mA
12.5mA
  • ※1 ARM4はドア、トランク、ボンネット開放の警戒と、オリジナルセンサ、ループセンサ、イグニッションONを警戒状態にします。タワーパーキングなどに駐車する際に有効です。
  • ※2 マイクロ波センサの取付けが必要です。
  • ※3 IRセンサの取付けが必要です。マイクロ波センサを取付けると警報精度がアップします。
  • ※4 デジタル傾斜センサの取付けが必要です。
  • ※5 オートリアーム機能が動作した場合は、警戒の開始をアンサーバックリモコンに通知します。 オートアーム機能による警戒ではオートアームディレイの設定もできます。
  • ※6 セキュリティの設定内容を販売取付店で設定した内容に戻すこともできますので安心です。
  • ※7 車種によって操作ができないことがあります。詳しくは販売取付店にご相談ください。
  • ※8 本機能は販売取付店オリジナルの動作となります。詳しくは販売取付店にご相談ください。
  • ※9 ARMさせずにドアロックのみを行うこともできます。動作に応じた作動音をならすことができます。
  • ※10 オ-トロック機能はON/OFFできます。
  • ※11 オ-トアンロック機能はON/OFFできます。
  • ※12 エンジンキーを使用してエンジンを始動している場合、リモコンでの停止はできません。エンジン始動開始/停止とアイドリング残時間及び室内温度をアンサーバックリモコンに通知します。

 

モバイル版に切り替え

PC版に切り替え