はじめに

製品ラインナップ

お問合せ

お住まいの地域のグループ店までお気軽にどうぞ。

お問合せフォーム

ナイトウォッチャーPRO


■ よくあるご質問 FAQ

■録画について         
Q:4台のカメラの映像を同時に録画することはできますか?
A:4台のカメラの映像を同時に録画することはできません。
4分割表示(4台のカメラの映像が同時に表示されている状態)の時には、カメラに搭載されている人感センサーが人を検知すると、モニターの画面はそのカメラ1台の画像に切り替わり、録画を行います。(検知録画設定の場合)
Q:16GBのSDメモリに連続で何時間録画できますか?
A:手動録画の操作により、連続録画ができます。連続録画の場合、VGA(640x480)設定の場合で約36時間の録画ができます。映像は、10分毎のファイルに分割された状態で記録されます。
Q:検知録画の場合、何日間分の画像が記録できますか?
A:16GBのSDメモリーを使用し、1件の録画を15秒とした場合、約7000件の録画が可能です。1日20件の録画を行った場合、約1年間の記録を残すことができます。
Q:2台のカメラが同時に人を検知した場合はどのようになりますか?
また、録画中に別カメラの人感センサー反応した場合はどのようになりますか?
A:先に検知した、何れか1台のカメラの映像が録画されます。
録画中に他のカメラが人を検知してもそれは無視され、録画が終了した後に、その時点で先に検知したカメラの映像の録画が開始されます。
Q:VGAとQVGAの2つの画像解像度の設定がありますが、どちらを使用すべきかわかりません。
A:VGAは640x480の解像度で、QVGA設定よりきれいな画像が記録できますが、フレームレート(画面の書き換え回数)が遅くなります。 QVGAは320x240の解像度で、画像は荒くなりますが、フレームレートが早くなり、画像の遅れが少なくなります。 きれいに記録したい場合にはVGA設定がお勧めです。 動きの速いものを取りたい場合にはQVGA設定がお勧めです。
■拡張、設置について
Q:撮影場所が遠い場合、カメラの中継はできますか?
A:カメラの中継はできません。
Q:モニターにはAV OUT(ビデオ出力)がついていますが、ビデオケーブルはどれ位延長できますか?
A:25m程度まで延長しても、実用上問題はありません。ただし、ビデオケーブルの種類によっては影響が出る可能性もありますので、あらかじめ確認をされる事をおすすめします。
Q:カメラは何台増設できますか?
A:1台のカラーLCDモニターNWPM-1100には、無線式IRカメラNWPC-1100とビデオカメラ付きセンサーライトAEC-9336C-PROを合計で最大4台まで接続することができます。
Q:建築現場に設置する場合に気を付けることはありますか?
A:樹脂製防水ボックス内にコンセントを設け、NWPM-1100とACアダプターを設置してください。
AEC-9336C-PRO、NWPC-1100からの映像が受信可能な位置に防水ボックスを設置します。
移設する場合は防水ボックスごと移設します。
なお、カメラのACアダプターもモニターと同様にボックス内に設置してください(ACアダプターは屋内専用です)。
Q:他の家電製品や厨房設備から影響を受けることはありますか?
A:テレビ、パソコン、お店などではレジスターなどの電子機器はノイズを出しますので、モニターやカメラはあまり近づけないでください。
電子レンジは、ナイトウォッチャーPROと同じ2.4GHzの電波を使用していますので、1m~1.5mより近づけると影響が出る可能性があります。影響はフレームレート(画面の書き換え回数)の低下という形で出てきます。
Q:ナイトウオッチャーPROの電波が他の無線設備に影響がありますか?
A:本製品(NW-PRO)は総務省の電波法技術基準の認証を受けた製品です。
無線方式は他の無線設備と干渉しにくい方式を採用していますので今まで影響の報告はほとんどありません。
Wi-Fi通信等のエラー訂正機能があるシステムには全く影響を与えませんが、業務用無線POS端末(片方向通信)の様な限定されたシステムの場合、電子レンジなどの汎用2.4GHz機器でも影響を受ける場合があります。
その場合、本製品(NW-PRO)も同様に影響を与える場合がありますので、影響を懸念される場合は事前に販売店にご相談下さい。
本製品の運用中、他の無線設備に影響があった場合は設置位置を変えることで改善する場合がありますが、改善しない場合は本製品の使用を中止し、弊社製品の有線式ネットワークカメラ(スマートライブカメラ/NWIP-700)の導入をご検討下さい。
無線式IRカメラNWPC-1100について
Q:無線式IRカメラNWPC-1100の撮影距離はどの程度ですか?
A:夜間撮影用のIR LED照明範囲が約10m程度となっていますので、約10mが撮影可能距離となります。
Q:NWPC-1100を商用電源(AC電源)のない場所で使用する方法はありますか?
A:イベントなどで商用電源の確保が難しい所でご利用いただけるように、オプションでポータブルバッテリーセットをご用意しています。 ポータブルバッテリーセットは、高容量リチウムイオンバッテリーを用いており、NWPC-1100を概ね一昼夜動作させる事が出来ます(NWPB-20000の場合)。 2個ご用意いただければ、毎日交換する事でイベント期間中の常時監視も可能となります。
Q:無線式IRカメラは首を振る機能はないのですか?
A:無線式IRカメラは固定式の監視カメラです。 固定式ですから、狙った場所の鮮明画像を撮影できるメリットがあります。また、小型で目立ちにくいですから、監視用途に最適です。
Q:無線式IRカメラに搭載されている人感センサーの検知範囲はどの程度ですか?
A:夜間撮影用のIR LED照明範囲が約10m程度となっていますので、約10mが撮影可能距離となります。
Q:マイクが搭載されていますが屋外で使用しても問題ありませんか?
A:マイクを含めてIP66の性能を持っておりますので、問題ありません。 また、マイク用の穴は非常に小さな口径ですから、そこから雨が入る心配はありません。
Q:カメラに近い位置に立ったときに、画面の中心に映っている顔が真っ白になってしまいました。カメラをどのように設置したらよいでしょうか?
A:近くの被写体は撮影範囲の中心より少し外側に、遠くの被写体は画面の中心に来るようにカメラを設置してください。 また、カメラに近いところを重点的に撮りたい時は、カメラの設置高を上げて取り付けてください。 一般的に、本製品の様に、レンズの周囲に赤外線LEDを配した小型のIRカメラは、画面の中心に近いほど赤外線の照度が高く、中心から離れるに従って照度が落ちてきます。そのため、画面の中心付近は明るく、周囲は暗く撮影されます。 本品は、夜間でも遠方まで写せるように赤外線LEDの照度を高めています。そのため近くの被写体を画面中心で取ると真っ白に映ります。 なお、カメラの周囲に白い壁など赤外線を反射するものがあると、赤外線の照射距離や撮影映像の明るさに影響を及ぼします。 IRカメラを設置する際には、設置現場で様子を見ながら、カメラの設置高や上下角を決めてください
Q:無線式IRカメラNWPC-1100の撮影距離はどの程度ですか?
A:夜間撮影用のIR LED照明範囲が約10m程度となっていますので、約10mが撮影可能距離となります。
■ビデオカメラ付センサーライトAEC-9336C-PROについて         
Q:ナイトウォッチャーPRO(NW-PRO)用とナイトウォッチャー用(NW)の違いは?
A:通達距離、画像解像度(画像サイズ)、追跡機能などが異なります。
1)通達距離:NW-PROは200m(水平見通し)、NWは50m(水平見通し)。
2)画像解像度:NW-PROはVGA(640x480)、NWはQVGA(320x240)。
3)追跡機能:NW-PROは昼夜共に追跡動作を行います。NWは夜間のみとなります。
Q:AEC-9336C-PROの撮影距離はどの程度ですか?
A:夜間使用時のライト照明範囲がおよそ10m程度となっていますので照明範囲が撮影距離となります。
Q:ナイトウォッチャー用のAEC-9336CはナイトウォッチャーPROでも利用可能ですか?
A:AEC-9336CとAEC-9336C-PROは互換性がありません。 それぞれ専用のものをご使用下さい
Q:撮影している映像がチカチカ(明るくなったり暗くなったり)することがある。
A:屋外にカメラを取り付けた場合、撮影している場所や時間帯によってハンチング現象 (モニターの映像が明るくなったり暗くなったりを繰り返す現象)を起こす場合があります。
その場合にはモニターの電源周波数設定を50Hzから60Hzに変更してください。 設定の変更方法は、取扱説明書のP16~17をご参照ください。

モバイル版に切り替え

PC版に切り替え