自信を持ってお勧めするプロテクタのプロカーコーティング

プロテクタのコーティングはここが違います!

下地処理(いわゆるミガキ処理)の善し悪しで施工後の輝き、 コーティングのもちが全然変わってきます。

職人井上にお任せ下さい!その作業工程はこちら↓

STEP1 【ボディーのダメージをチェック】

取り外し可能なパーツを外した上で、塗装状態・キズなどをチェックします。

STEP2 【手洗い洗車】

 

高圧スチームを使いボディーに付着している砂やホコリ等を流したっぷりの泡でボディー全体を丁寧に洗い流します。

STEP3 【鉄粉・ピッチタール除去】

洗車をした後に特殊な液剤をボディーに塗布して鉄粉を反応させトラップ粘土で除去していきます。 ピッチタールも同様に除去していきます。 紫色になっているのが鉄粉です。

STEP4 【細部のクリーニング】

 

ドアヒンジ・トランク・ボンネット・給油口・ステップ・モール周り・エンブレム等、細かい所を動物の毛のブラシを使いやさしくクリーニングしていきます。

STEP5 【洗車の拭き取り】

 

全体を洗車した後にセーム皮を使い水分を残さず拭き取ります。 隙間に入った水は高圧エアーで飛ばして拭き取ります。

STEP6 【マスキング】

取り外し可能なパーツを外した上で、塗装状態・キズなどをチェックします。

STEP7 【磨き】

ボディーのキズに合わせてバフやコパウンドを変えて磨き上げ、新車に近い状態にします。 集中力と熟練を要する作業で、腕の見せ所となります。

STEP8 【脱脂】

 

高圧スチームでコンパウンドを流し特殊な液剤を使い脱脂していきます。

STEP9 【洗車の拭き取り】

 

高全体を洗車した後にセーム皮を使い水分を残さず拭き取ります。 隙間に入った水は高圧エアーで飛ばして拭き取ります。STEP5と同じ工程です。

STEP10 【コーティング】

 

コーティングのムラを無くし細部まで塗布できるように手塗りで丁寧に作業をしています。

STEP11 【乾燥・ふき上げ】

コーティングを塗布した後 一定の時間を置き定着させボディー全体をマイクロファイバーで吹上げていきます。

STEP12 【細部仕上げ】

 

ドアヒンジ・トランク・ボンネット・給油口・ステップ等の内側もキレイに仕上げていきます。

STEP13 【室内清掃】

 

内窓は専用クリーナーを使い拭き・フロアー・トランクルームは掃除機を使って清掃します。

STEP14 【タイヤワックス】

 

油性のタイヤワックスを塗りこんで、ツヤを出すと同時に対候性を向上します。

STEP15 【お客様へ引き渡し】

 

ボディー全体を最終チェックし施工証明書を発行してお客様へ納車です。

 

新車のコーティングはプロにお任せ下さい!

ディーラーコーティング?ちょっと待ったーーー!


※下地処理費用0円は新車(2ヶ月以内)です。

ディーラーコーティングは本当のプロが施工していない場合があります。傷やバフ目があってもそのまま施工しているケースがあります。見積もりにコーティング費用が入っていたらちょっとお待ち下さい!新車は最初が肝心です。プロにお任せ下さい。絶対に後悔はさせませんすぐにご相談下さい。

モバイル版に切り替え

PC版に切り替え